あけましておめでとうございます。

これから「暮らしの知恵ちょっと」と題して、

すくできること、やってみたら面白そうなこと、

役立たなくても話の種になりそうなことなどなどを紹介していきます。

まずはお正月にまつわること、恵方(えほう)のお話です。

節分の日に太巻きを食べる方角として知っている人も多いと思いますが、

恵方とは、元旦に年神様がやってくる(吉の)方角のことをいいます。

その方角はその年の干支に基づいて定められるため、その年によって方角が異なります。

ちなみに今年の恵方はおおよそ南南東。

福を呼び込む熊手は恵方に向けて飾り、

魔(災い)を振り払う破魔矢は恵方とは反対の凶の方角、北北西に鏃(やじり)を向けます。

初詣で買った熊手や破魔矢にもルールあり。

正しい方角に祀ってこそのご利益です。